パチンコ依存症 何故

私がパチンコ依存症を克服した方法はTOPページに記載しています! TOPページへ移動する

最初は興味本位で

パチンコ依存症になった方の多くは、「単にやってみたかったから」、
「ストレス解消のため」など些細なことがきっかけとなっています。

 

しかし、いつの間にか、パチンコをやらずにはいられないという状態に陥ってしまうのです。

 

パチンコに支配されてしまい、自分自身を抑えることができなくなることが、
パチンコ依存症の怖い点です。

ドーパミンの作用

人間の身体にはドーパミンという神経があり、これが脳に快感をもたらします。
食事を美味しく感じるのもドーパミン神経によるものです。

 

そして、パチンコをやることで、このドーパミン神経で快感を感じ、
この快感に耐性ができると、「もっとやりたい」という気持ちが強くなり、
どんどんはまっていってしまいます。

依存症になりやすい人

パチンコ依存症になる方の特徴としては、「自分に満足していない」、
「普段からストレスが溜まっている」、「家族などに自分が受け入れられていないと感じている」、
「コンプレックスがある」、「孤独感を覚えている」ことなどが挙げられます。

 

パチンコ依存症になる原因としては、辛い現実から逃れたいという思いが強いことが挙げられます。
つらさ現実から逃れるには、かなり強い快感を得ることが必要で、
パチンコに依存していくようになるのです。

 

つまり、パチンコ依存症を克服するためには、
パチンコがなければ心の安定を保てないという問題を解決することが大切なのです。