パチンコ依存症 克服

私がパチンコ依存症を克服した方法はTOPページに記載しています! TOPページへ移動する

パチンコ依存症を克服するために必要な4つのこと

パチンコ依存症を克服するには、

 

「パチンコに使う金額を小遣い程度の額に決めておく」
「パチンコで損をしても、負けを取り戻すために借金をしない」
「パチンコ以外のストレス発散方法を見つける」
「現在抱えている自分の立場、状況、悩みについて考え、
将来目標となるビジョンを描き、 それを実現するための努力をする」

 

この4つのことが大切であると言われています。
また、お小遣いの管理は家族など近親者が行うことも大切です。

パチンコ依存症を克服するには

パチンコ依存症は心の病で、簡単に治療することはできません。
立ち直ったり、あきらめたりを繰り返すことで改善できる病気です。

 

パチンコ依存症になっている本人も、パチンコをやめなければならないことは自覚しています。
「やめたい」と考えながらも、ついつい手を出してしまうのです。
そのため、依存症を克服しようとしても、どうせだめだとあきらめてしまうこともあります。
しかし、あきらめてしまったら、そこで終わりになります。

 

やめる努力を続けていれば、いつかはパチンコ依存症から脱却することができます。
パチンコ依存症の治療は、前進と後退を繰り返しながら、
少しずつ改善を試みるものです。

 

パチンコ依存症が再発してしまったからと、ガッカリするということは、
克服への第一歩が始まっている証拠です。

 

というのは、パチンコに夢中になっている時には、
それが良くないことであるとは本人は気づかないものであるからです。

 

このことを忘れずに根気よく治療を続ければ、
必ずパチンコ依存症を克服できる日が訪れます。